« 「すし豊」     大阪・阿倍野     寿司 | メイン | 「ゐ勢屋」     滋賀・石山     焼き鳥 »

2007年7月25日

「一碗水」     大阪・本町     中華

1031957.jpg

大阪堺筋本町の中華料理「一碗水」。いまもっとも関西で注目度が高い料理店の一軒。


客席はカウンター12席のみ。そこで南茂樹さんはたった一人で、料理はもちろんのことサーブまでこなす。とはいえ、一人というのがすごいというのではなく、繰り出される料理が常に刺激的なのである。
南さん、6月は中国本土に20日間ほど滞在。家常料理をしっかり食べてきたとか。
研究熱心な料理人なんです。

付き出しですが
枝豆の紹興酒風味
空豆

1031938.jpg


ついで
茄子の揚げ浸し
青唐辛子風味

1031939.jpg

茄子の甘みにピリッとがいいアクセントで


蒸し鶏とクラゲのマスタード風味

1031940.jpg


トマトの甘酢、ふくろ茸、花椎茸

1031941.jpg

ふくろ茸はオイスターソースで


鱧の湯引きのにんにく風味

1031942.jpg

これもピリリが利いています。


甲イカの酸辣湯(スーラータン)

1031944.jpg

酸っぱい辛いですが、塩分もしっかり。
これでまた食欲がみなぎるのです。


愛知県鰻の唐揚げ
唐辛子の揚げ物風味

1031946.jpg

鰻はすっきり。


あわびの蒸し煮、アスパラガスに髪菜

1031948.jpg

あわびには隠し包丁が。


伊賀豚の蓮の葉包み(写真二枚です)

1031950.jpg

1031951.jpg

皮付きバラ肉をスモーク煮してから。トロリとした食感もたまりません。


稚鮎のマリネを添えたそば

1031952.jpg

あわびの肝と蓼のソース
これは唸ります。幾つもの味の重なりが見事です。


れんこん餅

1031954.jpg

れんこんのデンプンをつかった蓮の実ゼリー


にがうりのシャーベット

1031955.jpg

ほどよい甘みと苦味、素晴らしい。

7月の「一碗水」です。
いま発売中の「dancyu」で「一碗水」のこと書いております。

このような中国料理店が大阪に増えてきているのがうれしいです。


一碗水
大阪市中央区安土町1-4-5 大阪屋本町ビル1F
06-6263-5190

投稿者 geode : 2007年7月25日 10:37

コメント