« 「万作」    九州・宮崎    鶏料理 | メイン | 「一碗水」     大阪・本町     中華 »

2007年7月24日

「すし豊」     大阪・阿倍野     寿司

1031844.jpg


大阪阿倍野近くの「すし豊」。
この季節は、主・安田豊次さんが釣ってくる鮎を食べたくて、常連客が詰めかける。
冬場は、カニ三昧が待ち受けている。
修業先は、銀座の名店「新富寿し」。

突き出しは
じゅんさいとくずきり、うに

1031824.jpg

酸味の利いただしがかかる。


寿司を握ってもらう。


ひいか

1031825.jpg

これはゴマをかましてある。


太刀魚の炙り

1031826.jpg

チリ酢を少し。甘みがます。


マグロのづけ

1031827.jpg

色艶が艶めかしい。


イワシ

1031828.jpg

この可愛いこと。だが、旨みはしっかり。


煮はまぐり

1031829.jpg

これは江戸前の醍醐味です。


カンパチの炙り

1031830.jpg

香りが立ちますね。


鮎です。

1031831.jpg

上が京都・美山
下が兵庫・東条


ひらまさのカブラ寿司2点

1031833.jpg

1031834.jpg

カブラはさっぱり、ひらまさは脂分、鷹の爪はピリリと、三度味わえる。


青柳2点

1031835.jpg

小柱とひも


関鯖の昆布締め

1031836.jpg

ねっとりと甘みが・・。


あわび

1031837.jpg

蒸すことによって柔らかさと香りが。


イクラ

1031838.jpg

これはぷちぷちと。


穴子

1031839.jpg

塩できりりと。


締めは
イカの印籠

1031840.jpg

このように中を抜いてごはんをつめる。


いまは息子さんの雄さんが横で仕事を手伝う。まさに父親の背中を見て育つ。その典型である。


すし豊
大阪市阿倍野区王子町2-17-29
06-6623-5417

投稿者 geode : 2007年7月24日 10:24

コメント