« 「ガニュ・パン」 大阪・中津 フランス料理 | メイン | 「うずら屋」 大阪・京橋 焼き鳥 »

2007年7月 5日

「Fujiya1935」 大阪・内本町 スペイン料理

東京のマンダリンホテル38階のタパスバー。6席のカウンターで一日二回転。エル・ブリを思わせるメニューを供する。先月、運良く予約が取れて訪れた。そのとき頭によぎったのが大阪の「Fujiya1935」。藤原夫妻と家族が生み出す料理が食べたくなったのです。

ちょうどパリから一時帰国していた友人と一緒に出かけました。

モヒートの軽いシャーベット から(写真なしです)


ピコと緑のソース
赤ピーマンのウエハース
チーズに埋め込んだプチトマト

1031583.jpg

緑のソースはバーニャカウダをイメージ
ウエハースは赤ピーマンの甘味が。


このパンが軽く焼き上がり、つい手を伸ばしてしまう。

1031587.jpg


玉葱の薄いパン(これも写真なしです)


シラサエビのソテー イカ墨の砂・ロメスコ・オレンジ風味のマカロニ

1031589.jpg

ターメリックの香りが利いてエビが生きる


由良の雲丹とじゅん菜、チャコリとバルサミコのソース

1031593.jpg

ガラスの器の美しさもあり、バルサミコはソルベとなって、その淡さが見事


鱧と帆立のフラン、キヌア

1031596.jpg

キヌアのプチプチとした食感が食べるリズムを作る。


熟したトマトのシャーベット、オリーブとバルサミコソース

1031599.jpg

濃厚なトマトの甘味と酸味にオリーブオイルの軽やかさにバルサミコ甘味と酸味。なんという一体感。


新牛蒡と空豆のスパゲッティーニ、パルメザンチーズにみたてたクルミ

1031601.jpg

パルメザンにみたてたクルミ、何回か食べているがいつも驚き。


やさしく火を入れた鱸と水牛のリコッタチーズ、ハモンイベリコのソース

1031602.jpg

盛りつけのセンスと鱸の火入れの素晴らしさ。


トリプルチップス

1031605.jpg

海水の泡がスパイス。ジャガイモがこんなにおいしいとは・・


シャラン産ホロホロ鳥のロースト、サリコルニアとオリーブのソース

1031608.jpg

サルコルニアはシーアスパラ。この火入れも的確、こういった技術の裏付けがあるからこその展開。


青梅のコンポートとオレンジの花のゼリー

1031609.jpg

フルフルとした食感に青梅の甘さははかない。


ピスタチオの液体窒素ガラピニャーダ

1031612.jpg

一瞬にして溶けてしまうので早めに


サフランの軽いメレンゲ、ヨーグルトソース

1031613.jpg


オルチャータのジェラート、ニワトコのソース、ホワイトチョコレートの軽いエアー

1031615.jpg


食後のリキュールはお母さん手製。

1031616.jpg

ナスタチウム、キンカン、梅、枇杷、ローリエの5種。


このメニューを食したパリの友人(パリだけでなく結構いろいろなレストラン経験豊か)は「これはパリで充分いけるわ。星も一つは絶対ね」とえらく感激。8月に再帰国するのだが、予約を入れていた。
久しぶりであったが、訪れる度にパワーアップで楽しみは増すばかり。

Fujiya 1935
大阪府大阪市中央区鎗屋町2-4-14
06-6941-2483

投稿者 geode : 2007年7月 5日 14:43

コメント