« 「茶香房 長竹」 京都・先斗町 お茶 | メイン | 「麒麟亭」 京都・七条大宮 洋食 »

2007年6月13日

「祇園 松田屋」 京都・祇園 寿司

京都祇園に江戸前の寿司「鮨 まつもと」が暖簾を掲げたのが昨年のこと。あれよあれよという間に人気が出て予約が取りにくくなった。
なんとその並びに、また新しい寿司屋さんが登場した。「松田屋」。滋賀県から進出組である。

「祇園さ々木」の佐々木さんが既知の仲ということで、9時半頃から一緒に出かける。


1031378.jpg
まだ新しい店内は木の香りがする。


ハモの煮こごりからはじまった。
1031371.jpg
蒸し暑い初夏に涼しげな献立である。

あまてかれいの肝ポン酢
1031373.jpg
酸味とねっとりの相性。

造りはトリガイ、コハダ、トロ。
1031375.jpg

甘鯛の頭の塩焼き。
1031376.jpg

煮アワビ。
1031380.jpg


ここまでが前菜である。

にぎりはヤリイカが最初。
1031381.jpg

あまてかれいのづけ。
1031382.jpg
これが香りがよくて、甘味があっていい感じ。

キスの昆布締め。
1031383.jpg
昆布はやや強め。

かすご。
1031384.jpg

マグロのづけ。
1031385.jpg
いちど霜降りして漬けたもの。

トロのづけにはわさびが。
1031386.jpg
やはり脂分のおかげでわさびは香りだけが残る。

こはだ。
1031387.jpg
いい酢加減。

トリガイ。
1031388.jpg

金目鯛。
1031389.jpg

しまえび。
1031390.jpg
ぬるりというかねっとり。

かつお。
1031391.jpg
これも霜降り。

穴子。
1031392.jpg

シイタケとキュウリの巻物。
1031393.jpg

玉子がでて、
1031395.jpg

いちじくで締める。
1031394.jpg


江戸前ともすこし違う。どこか料理の感じがする。新たな場所を得て、これから自分の寿司、それは味だけではなく、供するスタイルもふくめ、作り上げてゆく。という意思がしっかり伝わってくる寿司であり、ご主人の顔付きであった。この力強さは食べる側に感動を与えるはずだ。


祇園 松田屋
京都市東山区祇園町南側570-123
075-561-3338

投稿者 geode : 2007年6月13日 18:44

コメント