« 「ヴィ・ザ・ヴィ」  京都・ブライトンホテル   フレンチ | メイン | 「杏杏」   神戸・鯉川筋   中国料理 »

2007年5月30日

「鮨ろく」   大阪・西天満   寿司

昨年秋、大阪の西天満に暖簾をかかげた寿司店「鮨ろく」。
主は33歳の堀内紀久さん。
入り口には渋い暖簾がかかり、「鮨ろく」の文字が光る。いいたたずまいだ。その印象は中に入っても変わらない。磨き込まれたカウンターに、小さな個室が一つあるのもうれしい。
1020809.jpg

中華料理から寿司の世界への転身。そこで江戸前の仕事を知り、一気呵成に寿司の世界にのめり込んでゆく。
 
寿司を握ってもらう。

明石の鯛から始まる。
1020812.jpg
いい脂ののり。

マグロ。
1020813.jpg
香りが命だ。

イカ。
1020814.jpg
ねっとりとした甘み。

コハダ。
1020815.jpg
酢の締め具合がポイント。

トリガイ。
1020816.jpg
この季節、ようやく甘みがのってきた。

キスの昆布締め。
1020817.jpg
昆布の旨みの塩梅である。

アジ。
1020818.jpg
これも独特の香り。

ヅケ。
1020819.jpg
この香りも見事。

ウニは三種。
1020820.jpg
ばふん、むらさき、あかとそれぞれ濃密度も甘さも違う。

蒸しアワビ。
1020822.jpg
熱を加えることによって海の香りが立つ。

タコ。
1020823.jpg
これもアワビ同様だ。

穴子はツメで。
1020824.jpg


玉子は芝エビのすり身と大和芋などが入る。
1020825.jpg


イカとキュウリの巻物。
1020826.jpg


コハダとがりの巻物。
1020827.jpg
この江戸前の仕事が好き。

まだまだ若き職人だが、素材も築地から仕入れるなど、研究熱心。
関西にも江戸前の仕事がかなり定着してきたことを実感する一軒である。

鮨ろく
大阪市北区西天満4-12-22
06-6367-5040

投稿者 geode : 2007年5月30日 17:23

コメント