« 「西洋厨房 いとう」   京都・古門前   フレンチ | メイン | 「はふう 御所南店」   京都・夷川   洋食・肉料理 »

2007年5月18日

「うどん棒」   大阪・梅田   うどん

以前にも書いたが、“大阪のうどん”が熱い状況を呈している。梅田の「はがくれ」、羽曳野の「釜竹」、なんばの「釜たけうどん」などがその魁けで、あとを多くのうどんやさんが走り続ける。
大阪駅前第3ビル地下2階といえば「はがくれ」が存在する。この名店が大阪のうどんに投げかけたモノは大きい。同じフロアで店を開いているのが「うどん棒」である。
1020464.jpg
本店は高松にあるが、大阪で勝負をかけた一軒ということ。前から気になっていたが、ようやくでかけた。

↓「温玉おろしうどん」にちくわの天ぷらをトッピングです。
1020465.jpg
うどんのこしは、明確である。歯を入れた時の弾力と、かみ切る時の弾力が違う。これぞコシである。
そして小麦の香りがじんわりにじむように口の中にひろがってゆく。一気に香りが破裂するという印象ではないが、コシから香りへの移行は見事である。
ちく天の油キレも鋭く、だしと絡まったときに美味しさを発揮する。

つるりと光る艶もいい感じだし、こらからどう変化してゆくのか楽しみである。

なんといっても若き店主の、勢いのある仕事ぶりがちゃんとうどんを通して伝わってくるのがうれしい。


うどん棒
大阪市北区梅田1-1大阪駅前第3ビル地下2階
06-6458-5518

投稿者 geode : 2007年5月18日 10:25

コメント